2014年1月30日木曜日

1/22 福島県いわき市へボランティアマッサージに行ってきました



みなさん、こんにちは。
昨日、いわき市へボランティアマッサージに行ってきました。

写真はいわきの薄磯地区です。
震災から3年も経とうとしていますがまだまだ津波の爪痕が残っています。
緑地化されたり、撤去されたりするところが増えてきていますが
忘れないために残すのも必要なのでは・・・と思います。


今回は二手に分かれて活動しました。
ひとつは広野町、四倉町、川内村の方が避難されている四倉地区へ。
もうひとつは浪江町の方が避難されている常磐地区へ。


まずは四倉のことを・・・。


このわんちゃんも避難犬(川内村)です。
ほんとの名前は「ハナちゃん」なのですが
四倉にいるからという理由で勝手にわたしたちは「よつを」と呼んでいます。
・・・女の子なのに^_^;

いつもわんわんとよく吠えるのですが
最近はおやつで釣る作戦に成功し、吠え方が変わってきました^^
とってもかわいいのです。
川内村の方がいつもお散歩に連れていっていらっしゃるそうです。


集会所にはたくさんの方がいらしてくださいました。

「震災後に避難してすぐからずっと通ってくれてることがほんとうにありがたい。
お世話になりっぱなしで申し訳ない。」

「このマッサージが一番の楽しみ。ひとりじゃ町にも出られないし・・・。」

などなど
みなさん、毎回楽しみにしてくださっているようです。




そして、浪江町の方が避難されているいわき市常磐にある「なみえ交流館」へ。

いわき市内には浪江町の方のための仮設住宅がありません。
みなさん、市内の借り上げ住宅で避難生活を送っています。
遠い方だと車で片道30分もかけて来てくださいました。


役場は一人一人、どこに避難しているかを把握していますが
仮設のように町ごとにまとまっての生活ではないので
以前のようにご近所付き合いのような形で町民を繋いでいくことはなかなか難しいようです。

そこで「なみえ絆いわき会」が発足しました。

催し事があれば人が集まる。
その時に住所など連絡先を記入していただくことでどこで生活しているかを把握できます。
いわき会の方たちが一人あたり1ヶ月に30~40件ほど回って
安否確認や聞き取り活動をされているそうです。
まさに草の根活動ですね。

役場にだれがどこに住んでいるかを聞けるとよいのですが
個人情報の問題があるため、それは不可能。

現在、いわき市で借り上げ住宅に生活している人は全員で2300人ほど。
そのうち半分ぐらいを把握できるようになったそうです。


「避難直後は気持ちが虫けらのようになったけれど
この交流館ができたことで、若い人にも繋げていけたらと思って活動していたら元気になってきました。
さらにこうやってボランティアに来ていただけると、元気をもらえます。」


「ひきこもりになってほとんど家を出なくなった。
今回マッサージがあるからと友達が連れ出してくれたの。来てよかったです。」


「あしたはどうなるわかならい。
だから今日できることを今日やるようにする。
被災してから気持ちが変わりました。」

全体的には前向きで明るいお人柄の方が多いですが、
うつ傾向にある方も多いようです。


わたしたちが訪問することで外出するきっかけになったり、
普段、吐露できない気持ちを言えることができたなら
ボランティアの意味がまた深くなると感じました。


また伺いますね~!




・・・・・・・・・・・・・・

ご参加希望のお申し込み・お問い合わせは
volunteertherapist@gmail.comまでご連絡ください。

また、お友達セラピストにもメルマガ登録や
ボランティアの参加のお声かけも
どうぞよろしくお願いいたします。

ボランティアセラピスト・ネットワーク

2014年1月23日木曜日

1/22 福島県郡山市へボランティアマッサージに行ってきました


みなさん、こんにちは。

わたしたち、ボランティアセラピスト・ネットワークは
現在、いわき市常磐仮設(広野町)、いわき市常磐にある「なみえ交流館」(浪江町)、いわき市四倉(広野町、四倉町、川内村)、郡山市(富岡町、川内村)へマッサージに行っています。

(  )内の町村名は避難されていらっしゃる方々の町名です。


1月22日、福島県郡山市内にある仮設住宅へボランティアマッサージに行ってきました。

みなさん、いつもわたしたちが来るのを楽しみに待っててくださり、
朝から名前を書いて順番を待っています。
まるで病院の待合室のようです。

管理人さんがいつも手際よくみなさんの順番を回してくださったり
健康状態も把握なさっているのでほんとうに助かります。
管理人さんのおかげで、みなさんが集会所に楽しく集まれる。
とても大きな役割をなさっているのだと思います。


いまのところ、仮設での生活は平成27年3月までと言われていますが、
震災当初からの様子を見ていると
「ほんとうにそうなんだろうか?もっともっと長引くのでは?」と感じています。


「やっと新しい学校に慣れてきたのに、また帰村で転校となると
子供達がまた不穏になるかと思うと・・・」と不安になるお母さん。

「息子に仕事が見つかっただけありがたいけれど(福島県外)、家族がばらばらになって寂しい。」
とお話してくださった方。


震災が起きるまで穏やかな生活をしていた環境から一変、
仮設での生活は丸三年が経とうとしています。

当たりまえの日常ではないけれど、日常にしなくては成らざるを得ない状況。

前に進むには、この状況を脱するにはどうしたらいいのだろうか?

みなさん、不安は尽きないようです。


わたしたちに出来るのは
不安な気持ちや、やりきれない気持ちをお聞きして、それを受け止めるだけしかできないけれど
なにかもっと前に進めるご提案ができれば・・・と思いながら帰路に着きました。



今年からは、不定期ではありますが
これまで訪問できなかった会津地方や南三陸の仮設を訪問したり、
夏には子供たちの保養のお手伝いをする予定です。

まだまだわたしたちにできること、一緒に進んでいけることを模索していきます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・

ご参加希望のお申し込み・お問い合わせは
volunteertherapist@gmail.comまでご連絡ください。

また、お友達セラピストにもメルマガ登録や
ボランティアの参加のお声かけも
どうぞよろしくお願いいたします。

ボランティアセラピスト・ネットワーク

2014年1月8日水曜日

1月の募集は受付終了いたしました。

みなさん、こんにちは!

以下の2014年1月のボランティアの募集は受付終了いたしました。

ありがとうございました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボランティアにご参加いただける方を募集しています。
アロマセラピスト、整体師、エステティシャン、鍼灸師、タイ古式マッサージ、ロミロミなど
ご自身の手技を活かして、ぜひ一緒に活動してみませんか?(*^_^*)


募集日時:2014年1月月29日(水)
施術場所:福島県いわき市内仮設住宅集会所
施術時間:10:30~14:30
集合場所:小田急線千歳船橋駅6時30分または田園都市線用賀駅6時40分
またはJR三郷駅7時15分


ご参加希望のお申し込み・お問い合わせは
volunteertherapist@gmail.comまでご連絡ください。

また、お友達セラピストにもメルマガ登録や
ボランティアの参加のお声かけも
どうぞよろしくお願いいたします。


ボランティアセラピスト・ネットワーク