2014年9月3日水曜日

9/2 福島県郡山市へボランティアマッサージに行ってきました

    
 
こんにちは。
ボランティアセラピスト・ネットワークです。
9月2日に福島県郡山市内にある仮設住宅へボランティアマッサージに行ってきました。
川内村、富岡町の方々が避難生活を送っています。



今回は栃木から4名、茨城から1名、東京から5名のセラピストが集まって
2ヶ所の仮設に分かれて活動してきました。



施術は10時半から16時まで行っています。
ご利用者さんの人数によりますが、だいたいお一人30~40分で全身を施術します。
女性にはフェイシャルがとても人気です。

朗らかで明るい方が多いですが
震災から3年半が過ぎようとし、
積み重なるストレスは固くなったお体にはっきりと表れています。


仮設での避難生活は2年後の平成28年3月31日までと言われていますが
毎年1年後ごとに延長されるので、いつがほんとうに終わりなのかわかりません・・・。


5が月ぶりに訪問した仮設のみなさんから
「久しぶりに来てくれてうれしい。ぜひまた来てくださいね。」
というお声をたくさんいただきました。

もう一ヶ所の仮設では、いつも楽しみにして一緒に記念撮影をするお父さんが
病院の予約を変更して待っててくれていたそうです。


これからも細々とでも地道に、できるだけこの活動を続け、
楽しみに待っててくださるみなさんにまた会いに行きたいと思っております。




現在、被害が大変な広島や礼文島などに直接足を運ぶことができないのですが
小さなことでもできることをやっていきたいです。
福島と同じく、忘れないでい続けることが大事かと・・・。


「これまで福島のために活動を続けてくれてほんとうに感謝です。」

と、今回参加した福島出身のセラピストさんがおっしゃってくださいました。

「みなさんの生活は、人生は、この先どうなるのだろうか?」
と毎回心が痛みますが
短いひとときでも体が楽になっていただけたら、
そして、「忘れていませんよ」とお伝えしに行く気持ちで伺っています。

また、個人的には
自分にできる施術でお体に触れ、接することで、みなさんから逆に元気をいただき、
ボランティアを始めてから人生が本当に豊かになりました。
なので、こちらのほうが感謝なのです。

ここのところ、「ボランティアに参加したいので日程を教えてください。」
というお問い合わせが増えています。
先々の日程は決まっていないのですが、今後もブログでお伝えしていきますので
ボランティアにご関心のある方はメルマガ登録をしていただきますとお知らせが届くようになっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせは
volunteertherapist@gmail.comまでご連絡ください。

また、お友達セラピストにもメルマガ登録や
ボランティアの参加のお声かけもどうぞよろしくお願いいたします。

ボランティアセラピスト・ネットワーク